愛知県西尾市で貴金属・ジュエリーなどの買取・遺品・生前整理なら「開運 令和堂」へ!

電話番号0563-68-0031
メニュー

ブログ

2019/10/03

ダイヤモンドの価格について考える![西尾市~ダイヤモンド]

「今日のなるほど!」

写真は、先日「スターサファイア」として紹介した写真と同じものです。
今回、ダイヤモンドの買取価格についてお話しするサンプル画像として使用しています。

「スターサファイア」の周りにある「メレダイヤ」の部分を「脇石」と呼ぶということは先日お話ししました。

今回、この「メレダイヤ」の価格が非常に下落しているということをお話しします。

先ず、「メレダイヤ」の説明をいたします。
メレダイヤ」とは、ダイヤモンドの原石からダイヤをカットする際に削り取る石でできた細かなダイヤと定義されているようです。
具体的にどのくらい細かければ「メレダイヤ」になるのかということは、規格で決まっているわけではないません。
昔は「0.1ct」以下と言われていたこともありますが、最近では「0.3ct」位でも「メレダイヤ」と括(くく)られることが多くなりました。
それは価格が下がり、市場にダブついているためだと言われています。

それでは、なぜ価格が下がってきているのかと言いますと、「合成ダイヤモンド」が大量に出回ってきているためだと言われています。
合成ダイヤモンド」とは「高温高圧法」や「化学蒸着法」によって、人工的に合成されたダイヤモンドです。
一応、呼び名は「人工ダイヤモンド」ではなく、「合成ダイヤモンド」といいます。
基本的には、この「合成ダイヤモンド」は「天然ダイヤモンド」と組成が同じで、「ダイヤモンドテスター」でも判断が出来ないとされています。
実を言いますと「0.01ct」レベルの「合成ダイヤモンド」は1980年代から中国の国策としてバンバン作られてきていました。
メレダイヤ」が「0.1ct」以下と言われていたころでも30%ほどは「合成ダイヤモンド」だった。と言われているくらいです。
しかし、このところ技術が進んで「0.5ct」以上も合成可能になったことと、世界的なダイヤモンドの総合商社である「デビアス」が正式に「合成ダイヤモンド」を商品化したことで市場は大混乱して価格が暴落と言っていいほど下落しているのです。

「デビアス」が「合成ダイヤモンド」を商品化して、市場に正式に出し始めたのが2018年の9月頃でした。
実際の相場に影響が出始めたのが2019年の2月頃です。
この頃、私も自分の中の「メレダイヤ」の価格テーブルの見直しをしました。
そして、さらに2019年9月に業者さんから「メレダイヤ」の価格が厳しいと言われましたので、価格テーブルの見直しをしようか迷っています。

先日、「サファイヤリング」のお話で「商品として」いけるとかというお話をしました。
当店はしばらくはなるべくその場で石を外さずに「商品として」高い価格をつけられるように、「買取り」させていただこうと考えています。

「デビアス」の話や「合成ダイヤモンド」の詳しい話など、後日お話しできればと思っています。

 

西尾市でダイヤモンドを売りたい方は、西尾市今川町の「開運 令和堂」がお力になれると思います。

タグ: , , , , , , , ,

2019/09/30

ダイヤモンドリング[碧南市~高級ジュエリー(ダイヤモンド)]

今日の一品!



商品説明
ダイヤモンドリング
中石:ダイヤモンド 1.078ct
枠:プラチナ PT900

今回はダイヤモンドリングのお話をします。

3枚目の写真に「1078」という刻印がありますね。
これは「1.078ct」という意味になります。
小数点くらい打刻してほしいと思うのは私だけでしょうか?

よく見るダイヤモンドなどの石目の刻印で「1.00」とか「0.50」といったピッタリ数字があります。

実を言いますと…
この「ピッタリキャラット刻印」は怪しいんですよ。
一般に経済的に高額な石(貴石)というのは、自然石(天然石)なんです。
これがピッタリのキャラットになるというのは本来 基本的にはほとんどないんですよね。
因に、1ct=0.2g ですから、0.01ct=0.002g のレベルでカットした後の天然石がピッタリになるなんてすごい確率なんです。
「あり得ない」と言うつもりはないんですが、私たちが扱う商品の中には感覚的に2割くらいがこの「ピッタリキャラット刻印」製品です。
以前にお話しした、「製造から販売を一貫していてコスト削減してますから低価格で提供できるのです」というのが怪しいという話をしました。
参考:指輪の石目(ルビー)について考える。
やっぱり購入する方は「1キャラット」あると嬉しいじゃないですか。
「0.97ct」より「1.0ct」の方が間違いなくゴージャスに見えますよね。
売る側の人たちも せっかくなら「1.0ct」は欲しいですよね とセールスするんですよ。

実際のところはよくわかりませんが、私たちのように多くの商品を見ている者としましては、信頼のおける鑑定書がないと、正直 微妙だな~と思うわけです。

今回の「ダイヤモンド」は「1.1ct」はないんですね でも正直な数字ですよね という風に見ます。

また、1枚目の写真では左側に「カーボン」が入っています。
ひどいところだと、ここを爪で隠すんですよ。
怖いことするな~と思うこともあります。

当店では、様々な角度から商品を見て査定することで、「確かなものを 確かな価格で お買取りいたします。

後日、ダイヤモンドの話やプラチナのお話もしていこうと思います。

とりあえず、今日はここまでです。

 

 

碧南市で高級ジュエリー(ダイヤモンド)を売りたい方は、西尾市の「開運 令和堂」がお力になれると思います。

タグ: , , , , , , , , , , ,

2019/09/22

指輪の石目(ルビー)について考える。[西尾市~ルビー]

「今日のなるほど!」

先日、「サファイア ペンダントトップ」で色石の石目の話をしました。
今回、買取させていただいたルビーの指輪に石目の刻印がありましたのでご紹介します。

上記の写真の説明ですが…
1枚目:製品の写真です。
2枚目:「K18」刻印と「R0.27」刻印です。
3枚目:「0.03」刻印です。

こちらは指輪の枠が「K18(18金)」で「ルビー0.27ct」と脇石「ダイヤモンド4個の合計が0.03ct」ということになります。
2枚目の写真にあります「R0.27」の「R」が「ルビー」を表現しています。

今回の商品は中石と脇石の大きさに差がありますので、わかりやすいです。
比較的よくあるのですが、メインの中石を覆うように脇石を置くようなデザインがあります。
そのような場合、似た様な石目の数字が並ぶことがあります。
今までの経験で大体わかるのですが、判断しにくいときは写真を撮って業者さんに確認することもあります。
こういう時に鑑別書等があると楽なんですけどね。

前にも言いましたが、ここまで石目に差があるときには「R」が無い時もあります。

逆にこの「R」があれば作り手もしっかりした所だと思いますし、作り手がしっかりしていれば売り手もある程度しっかりしていると言えます。
また、作り手も中石を「ルビー」とハッキリ表現しています。
深夜のテレビショッピングの製造販売一貫で行っているところは個人的には微妙と感じます。
買取り側から言わせていただくと、売り手はかなりの利益を乗せていますので商品の本質ではなく、セールスに軸足を置いています。
従って、不都合なことはあえて言わないことが多いと私は思っています。

今回の商品は作り手はしっかりしていますが、お客様の購入金額を聞くと商品の割には高いお買い物をしてしまったのかな?と感じます。
ただ、デザインが気に入ったとか、販売員が親切だったという定性的な側面も当然価格に入ってきますので難しいところです。

あまり、販売店の悪口を言うと怒られますので大きな声では言えませんが…

また、ほかの色石の刻印がありましたら、ご紹介しますね。

後日、ルビーの特性についてもお話しできたらいいかなと思っています。

 

 

西尾市の方で貴金属やルビーの指輪の処分でお困りの方は、西尾市の開運 令和堂が解決できると思います。

タグ: , , , , , ,

2019/09/13

サファイア ペンダントトップ[西尾市~ジュエリー]

「今日の一品!」

商品情報
サファイア ペンダントトップ

購入された方は「スターサファイア」と言っておられました。
写真では「スター」がうまく出ていませんが、私も「スターサファイア」として認識させていただきました。
信頼できる業者さんにも確認してもらったところ「スターサファイア」でした。
ただ、「スター」がかなり弱いので、ちょっと残念です。

今日は、宝石を含んだアクセサリーを購入される方に注意していただきたい大事なポイントを話したいと思います。

貴重な宝石の付いたペンダントトップや指輪には「石目(いしめ)」・「キャラ目」と呼ばれる宝石のキャラット数を表示する刻印が金属部分にあります。
こちらの刻印が無いものは、購入を控えたほうがよろしいかと思います。
なぜなら…
基本的にそのアクセサリーを作った職人さんは正直に正確な表現で製品を作り上げますし、作ろうとします。
稀に制作過程からグルになっているところもありますので、絶対というわけではありません。
しかし、作っているところと販売しているところが異なっている場合は、販売店も変なクレームになっても困りますから よっぽど刻印の表記に間違いはないと思います。
製造・販売を一貫しているところはコスト削減のために安くしているといい、販売店はいろいろなことを言って購入を勧めますが、どーなのかな? 思うことがあります。
これは私の個人的な主観ですので、偏った意見ですが、最低限「石目」が入っているものを購入してください。

稀にアクセサリーのリフォームをされる方がいらっしゃいますが、その際にリフォーム業者に正確な刻印を入れてもらうようにお願いしたほうがいいと思います。

後…
上記写真のような商品の場合、「中石(なかいし)」と「脇石(わきいし)」で2つの刻印があります。
中石がしょぼい石で脇石に「メレダイヤ」を装飾しているものは、その「メレダイヤ」分の刻印しかありません。

必ず付いているわけではありませんが、宝石の種類を表す記号も「石目」の前に付くことがあります。
具体的には…
ダイヤモンド:「D」
エメラルド:「E」
ルビー:「R」
サファイア:「S」
がよく付いています。

他にも注意するポイントが何点かありますが、今日はここまでにします。

 

 

西尾市の方でダイヤモンド・エメラルド・ルビー・サファイアを売るなら開運 令和堂までお願いします。

タグ: , , , , , , , ,

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30