愛知県西尾市で貴金属・ジュエリーなどの買取・遺品・生前整理なら「開運 令和堂」へ!

電話番号0563-68-0031
メニュー

ブログ

2019/10/01

指輪などの【Pt900】という刻印について考えてみる![西尾市~プラチナ]

「今日のなるほど!」

婚約指輪や結婚指輪に使用されることが多いプラチナの指輪には、上の写真のような【Pt900】といった刻印が入っています。
アクセサリーには様々な「刻印」が押されていますが、今回はこの【Pt900】について考えてみます。

【Pt900】を【Pt】と【900】に分けます。

【Pt】とは原子番号78の元素である「プラチナ(platinum)」の元素記号です。
日本語では昔から「白金(はっきん)」と呼ばれてきました。
従って、この刻印が入っていれば「プラチナ」であることになります。

次に【900】ですが…
以前「分率」のお話をしましたが、この【900】はプラチナの含有量を1000分率(パーミル)で表現しています。
100分率に変換しますと90%の純度ですよ という意味です。

まとめますと…
【Pt900】とは、『「プラチナ」が90%含まれている製品です。』ということになります。

個人的な感覚ではプラチナ製品は【Pt900】が一番多い感じがします。
古い製品ですと、刻印が【PM】としか入っていないものもあります。
【PM】とか【Pm】という表記はかなり古い商品になりますので、比重を測らせていただくことになります。

昔は、婚約指輪・結婚指輪には必ずと言っていいほど「プラチナ」を使用していましたが、最近では【WG】表記のホワイトゴールドが販売されています。
理由はよくわかりませんが、少なくともプラチナの出番が減ってきているのは確かなようです。
プラチナの価格は昔に比べたら、かなり安価になってきております。
当店は他店より高い価格で買い取り出来るように頑張りますが、お客様の期待通りの金額には届かないこともあります。
結婚指輪や婚約指輪には日付やイニシャルが刻印されていることが多いです。
もったいないですが、溶かして新しいジュエリーに生まれ変わるしかないのです。

残酷な真実をお伝えしなければならないので、興味本位で値段だけ知りたいというのはお勧めできません。
「高価買取」と言って煽(あお)るだけ煽(あお)って、がっかりさせる ということはしたくありません。

 

 

西尾市でプラチナの指輪を売りたい方は、西尾市今川町の「開運 令和堂」がお力になれると思います。

タグ: , , , , , , , , ,

2019/09/22

指輪の石目(ルビー)について考える。[西尾市~ルビー]

「今日のなるほど!」

先日、「サファイア ペンダントトップ」で色石の石目の話をしました。
今回、買取させていただいたルビーの指輪に石目の刻印がありましたのでご紹介します。

上記の写真の説明ですが…
1枚目:製品の写真です。
2枚目:「K18」刻印と「R0.27」刻印です。
3枚目:「0.03」刻印です。

こちらは指輪の枠が「K18(18金)」で「ルビー0.27ct」と脇石「ダイヤモンド4個の合計が0.03ct」ということになります。
2枚目の写真にあります「R0.27」の「R」が「ルビー」を表現しています。

今回の商品は中石と脇石の大きさに差がありますので、わかりやすいです。
比較的よくあるのですが、メインの中石を覆うように脇石を置くようなデザインがあります。
そのような場合、似た様な石目の数字が並ぶことがあります。
今までの経験で大体わかるのですが、判断しにくいときは写真を撮って業者さんに確認することもあります。
こういう時に鑑別書等があると楽なんですけどね。

前にも言いましたが、ここまで石目に差があるときには「R」が無い時もあります。

逆にこの「R」があれば作り手もしっかりした所だと思いますし、作り手がしっかりしていれば売り手もある程度しっかりしていると言えます。
また、作り手も中石を「ルビー」とハッキリ表現しています。
深夜のテレビショッピングの製造販売一貫で行っているところは個人的には微妙と感じます。
買取り側から言わせていただくと、売り手はかなりの利益を乗せていますので商品の本質ではなく、セールスに軸足を置いています。
従って、不都合なことはあえて言わないことが多いと私は思っています。

今回の商品は作り手はしっかりしていますが、お客様の購入金額を聞くと商品の割には高いお買い物をしてしまったのかな?と感じます。
ただ、デザインが気に入ったとか、販売員が親切だったという定性的な側面も当然価格に入ってきますので難しいところです。

あまり、販売店の悪口を言うと怒られますので大きな声では言えませんが…

また、ほかの色石の刻印がありましたら、ご紹介しますね。

後日、ルビーの特性についてもお話しできたらいいかなと思っています。

 

 

西尾市の方で貴金属やルビーの指輪の処分でお困りの方は、西尾市の開運 令和堂が解決できると思います。

タグ: , , , , , ,

2019/09/04

指輪などの【K18】という刻印について考えてみる![西尾市~貴金属]

「今日のなるほど!」

指輪やネックレス・ブローチなどの金製品には上の写真の様な【K18】と「刻印」されているものが多いです。
アクセサリーには様々な「刻印」が押されていますが、今回はこの【K18】について考えてみます。

【K18】を【K】と【18】に分けます。

【K】とは?
【K】を「金(きん)」のローマ字読みした「KIN」の頭文字と思っている方がいるかもしれませんが、残念! 本来の意味とは違います。
【K】とは【Karat(キャラット,カラット)】の頭文字から来ているそうです。
【カラット】については後日 さらに深く掘り下げます。
ここでは、金製品の金の含有割合(金の純度)を24分率で示す単位 ということになっています。
日本では「金」の略称で「24金(にじゅうよんきん)」とか「18金(じゅうはちきん)」と呼ばれることが多いです。
あながち、「KIN」の頭文字と考えても大きくは違ってはいないんですね…
ただ、金の純度を24分率で表す単位ですので、その後ろに数字が来るということだけは理解してください。

【24分率】とは?
全体を24個に分けた時の割合です。
つまり…
24→100% : 24個で分けた時の24個は、そのままなので100% これはわかりやすいですね。
12→50% : 24個で分けた時の12個は、半分なので50% これも感覚としてわかります。
18→75% : 24個で分けた時の18個は? これは直観ではわかりにくいですね。12の半分の6を考えてから、それの3倍ととらえた方がわかりやすいかもしれません。つまり、6→25%なので18=6×3、75=25×3から導き出した方がイメージが付きやすいと思います。

ですから【18】は75%という意味になります。
分率」については、後日 深堀しようと思っています。

まとめると…
【K18】とは75%の純度の金ですよ! ということです。

個人的な感覚では、アクセサリーは【K18】が多いと思います。
25%別の金属を混ぜて強度上げているのではないかと思います。
100%の純金はかなり柔らかいので、アクセサリーには不向きだと思います。
また、【K18】が【K24】の75%の価格かと言われると、実際には溶かす精錬工程がありますので、単純にはそうなりません。
注意してください。

金製品の刻印は他にも【18K】、【K14】、【K18WG】、【純金】・・・といろいろあります。
また、【K18】と刻印があっても比重が出ない物もあります。
確かなお店で購入されることをおすすめします。
ルイヴィトンのところでも若干お話ししましたが、お土産でもらったものは残念な結果になることがよくあります。
こちらもお気を付けくださいね。

 

 

西尾市で貴金属を売るなら開運 令和堂までお願いします。

タグ: , , , , , ,

2020年7月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031