愛知県西尾市で貴金属・ジュエリーなどの買取・遺品・生前整理なら「開運 令和堂」へ!

電話番号0563-68-0031
メニュー

ブログ

2019/09/20

バカラ Baccarat ミルニュイ フルーティッシモ ブルー 品番2-105-456 共箱有[碧南市~ブランド食器]

「今日の一品!」


商品情報
バカラ Baccarat ミルニュイ フルーティッシモ クリア 品番2-105-456 共箱有
メーカー:バカラ(Baccarat)
シリーズ:ミルニュイ
形状:フルーティッシモ
色:ブルー
飲み口直径:約5.7センチ
グラス高さ:約29.2センチ
グラス底直径:約7.5センチ

バカラ(Baccarat)とは…
フランスの高級クリスタルブランドです。
1764年フランス王ルイ15世により、フランスのロレーヌ地方のバカラ村に作られたガラス工場が始まりとされています。
1816年に初めてクリスタルガラスを製造。
1823年パリの国民博覧会で高く評価され、同年フランス国王ルイ18世がバカラのグラスセットを注文したことからヨーロッパの貴族に愛され始めました。
1825年バカラを代表するロングセラーモデルとなるグラスをフランスのアルクール公爵がデザイン・注文しました。
1841年アルクール公爵デザインのグラスを公爵の名前をとって「アルクール」とし、シリーズ化しました。
今では村そのものがバカラの生産地になっているそうです。

日本でいうと「ふるさと創生」により活性化された地場産業が世界ブランドになったという感じでしょうか。

バカラについてはこちらでも少し紹介しています。
バカラ Baccarat ミルニュイ フルーティッシモ クリア 品番 2-104-848 共箱有

私も若干ではありますが地元愛がありますので、生まれ育った愛知県西尾市の福地地区(昔の福地村)の名前をとって誰か「FUKUCHI」というブランドを立ち上げてほしいです。
つまらない話で申し訳ないです…

碧南市の方でブランド食器を片付けたい方は西尾市の「開運 令和堂」がお力になれると思います。

2019/09/18

日本の貨幣(コイン) どっちが表で、どっちが裏?[西尾市~コイン]

「今日のなるほど!」


先日、「04-022:昭和63年(1988年) 貨幣セット Mint Set ミントセット」をご紹介しました。
その時には触れませんでしたが、上記の写真を見ても「表」とか「裏」とかの表記はないんですね…

上段の写真を見ると、
「5円黄銅貨」以外は「アラビア数字(算用数字)」で「額面」が表記されています。
中央下の「年銘板」も「アラビア数字(算用数字)」ですね。
他には「アラビア数字(算用数字)」と「漢数字」のごちゃ混ぜですが、「年銘(製造年)」が「和暦」で表記されています。

下段の写真を見ると、
すべての貨幣に「漢数字」で「額面」が表記されています。
それと、日本らしい? 落ち着いた柄が表現されています。
関係ないですが、「年銘板」もその年の「龍」になってますね。
少なくとも、欧米人が見ても、こちら側だけでは使いづらいですよね。

結論から言いますと、「現在は法律上どちらが表とかは決まっていない」そうです。

わかりにくい表現ですが、正しく言うとそうなるのです。

もう少し詳しく、お話ししますと…
「現在は…」というなら、「昔は?」ということになりますよね。
そうなんですよ。
「昔」は決まっていました。

明治になって、日本も近代貨幣が登場します。
外国の貨幣は基本的に国王や領主の肖像が片面にあり、そちらを「表」としていることが多いです。
従って、外国に認めてもらうような貨幣が必要でした。
「天保通宝」や「寛永通宝」では諸外国からバカにされてしまいますからね…
しかし、日本は当時「天皇は神」であった為、人民の手に触れ 汚れることはよろしくないということで、天皇の肖像に代わる「龍紋」を図柄にしました。
そして、そちらを「表」と公表していました。
私的にもその意見には賛成です。

明治27年(1894年)の日清戦争の時に『「龍紋」は中国の象徴ではないのか!』という意見がでた為、「龍紋」から「菊の紋章」側を法律上「表」と決めました。

戦後、「GHQ(アメリカ兄さん)」が「菊の紋章」の使用を禁止した為、「表」が無くなってしまったのです。
当然、法律からも「表」を決める部分が無くなりました。

そこからは、日本人らしい?柔軟な対応で『どちらが「表」とか「裏」とか決めません』ということを決めたわけです。
ただ、実際に貨幣を作っている造幣局の現場では『今まで「菊の紋章」の裏側に「年銘」があったので、こちらを「裏」と呼びましょう』ということになり、それが一般に浸透したらしいです。
つまり、日本の貨幣は「裏」の反対が「表」になったわけです。
戦争で負けるということは「表」も「裏」も決められないということなのでしょうか?

「白黒」付けないモヤモヤ感が日本人らしくて、個人的にはすんなりと自分の中に入ってきました。

ということで、上段が「裏」で下段が「表」ということになります。

まだまだ、面白い話がありますが、今日はここまでです。

 

 

西尾市の方で各種コインでお困りの方は、西尾市の開運 令和堂が解決できると思います。

2019/09/18

11‐76_1N:聖徳太子5000円札 1桁 [W850390N] N:大蔵省印刷局 小田原工場 TEL:85-0390の方へのプレゼントにどうぞ![蒲郡市~古銭]

「今日の一品!」



11‐76_1N:聖徳太子5000円札 1桁 [W850390N] N:大蔵省印刷局 小田原工場 TEL:85-0390の方へのプレゼントにどうぞ!
商品説明
日本銀行券C号5000円 聖徳太子5000円
図案:聖徳太子と日本銀行
発行:昭和32年10月1日(1957年)
支払い停止:昭和61年1月(1986年)
廃止:廃止されていませんので、現在も5000円として使用できるそうです。
大きさ:80ミリ×169ミリ
紙幣番号:W850390N
****末尾番号情報****
A~H:滝野川工場
J~R:小田原工場【N】
S~V:静岡工場 ※製造されてません。
W~Z:彦根工場

上記にもありますように、静岡工場では製造されいないようです。
従って、末尾記号【~S】【~T】【~U】【~V】は存在しません。
もしも、発見したら自慢でも結構ですので、見せてほしいです。

また、今回の5000円札は紙幣番号の頭が1桁ですが、2桁もあります。
2桁は小田原工場と彦根工場のみらしいです。

電話番号が85-0390の方にプレゼントしても面白いかもしれませんね。
因みに・・・
パチンコ&スロットAPULO塩尻北インター店,クレドデザイン株式会社,日新住設機器株式会社 様のお店が検索できました。

今回の聖徳太子5000円と日本銀行券C号の聖徳太子10000円は両方とも大きくて存在感があります。
比較的人気のある紙幣ではないでしょうか?

蒲郡市の方で古札を売りたい方は、西尾市の「開運 令和堂」までお願いします。

2019/09/17

ルイヴィトン【ルイ・ヴィトン】【LOUIS VUITON】のシリアルナンバーについて考える。[西尾市~ブランドバッグ]

「今日のなるほど!」


先日、LOUIS VUITON(ルイ ヴィトン)のモノグラム・キーポル 60というボストンバッグ(トラベルバッグ)を紹介しました。
そこでは今回取り上げる「シリアルナンバー」について一切触れていませんでしたので、軽くまとめてみたいと思います。

「シリアルナンバー」とは上記の写真のような「タグ」に書かれた記号です。
ここには、製造された場所と製造されたタイミングが記されています。
「製造番号」と呼ばれることもあります。

個別に説明しますと…
上の「シリアル」:【AH1195】は、「フランス」で2015年の19週(5月の中旬)に作られたことがわかります。
下の「シリアル」:【SP0994】は、「フランス」で1994年の9月に作られたことがわかります。

まず、この「シリアル」というのは1980年代から刻印され始めたといわれています。

大きく分けて年代毎に3パターンの記載ルールがあります。
TYPE1:初期の1980年代から1990年頃まで
TYPE2:1990年頃から2006年まで
TYPE3:2007年以降
となっています。

TYPE2・TYPE3共に数字の2桁目+4桁目で製造年を表します。
【AH1195】=15年=2015
【SP0994】=94年=1994
となるわけです。
製造年はルールが理解できれば簡単ですね。

ということは、【AH1195】はTYPE3、【SP0994】はTYPE2ということになります。
TYPE1のサンプルが今 手元に無いのでお伝え出来ません。ごめんなさい…

さらに細かい製造されたタイミングはTYPE2とTYPE3とはルールが異なります。

まず、TYPE2の場合…
数字の1桁目+3桁目で製造された月を表します。
【SP0994】=09月=9
となります。
大体、TYPE2は「0」から始まりますね。

次に、TYPE3の場合…
数字の1桁目+3桁目で製造された週を表します。
【AH1195】=19週=7×19週=133日~139日
4か月で30×4=120日だから5月の13日位ですね。
わざと解りにくくしてるのでしょうか?

製造された場所については、後日お伝えします。

西尾市でルイヴィトンを売るなら「開運 令和堂」までお願いします。

2019/09/17

東武鉄道 株主優待乗車証×1枚 一人片道有効 有効期限2019年12月31日まで[西尾市~株主優待券]

「今日の一品!」

商品情報
東武鉄道 株主優待乗車証×1枚 一人片道有効 有効期限2019年12月31日まで
商品名:株主優待乗車証
企業情報:東武鉄道
証券コード:9001
単元株数:100株
権利確定月:3月・9月
優待回数:年2回
※権利獲得後、約2か月で株主優待が届くそうです。
※100株の場合は3月のみらしいです。

東武鉄道の株価は2019年9月17日時点で3500円程でした。
3500円×100株=35万円程で株主になれます。
直近の配当が1株当たり40円ということですので、配当金は4000円ということになりますね。
配当金だけでも利回り1%を超えますので、銀行の普通預金に入れておくことを思えば、いいかもしれませんね。
以前、「」の話をした時には、金利の最安値が0.001%と書きました。
1000倍の金利ということになります。
しかし、いいことばかりではありませんので注意してください。
3年前の株価は2600円位でしたので、もしも そのレベルまで下がると、9万円損します。
その当時の人は9万円得して、1000倍の金利ということになります。
うらやましいですか? 私はうらやましいです!
投資って難しいですよね!

また、どこかで「東武鉄道」のことを書きたいと思います。

西尾市の方で使いづらい株主優待券をお持ちの方は、「開運 令和堂」がお力になれると思います。

2019/09/16

04-022:昭和63年(1988年) 貨幣セット Mint Set ミントセット[碧南市~古銭]

「今日の一品!」



商品情報
04-022:昭和63年(1988年) 貨幣セット Mint Set ミントセット
商品名:貨幣セット(ミントセット:Mint Set)通常
発行年:昭和63年(1988年)
セット内容:年銘板+1円アルミ貨+5円黄銅貨+10円青銅貨+50円白銅貨+桜100円白銅貨+500円白銅貨
販売数:605,021セット
当時販売価格:1600円

今日は「ミントセット」をご紹介します。
一般に発売されたのは昭和50年(1975年)版からだそうです。
造幣局が日本の造幣技術の紹介と宣伝のため、その年の通常硬貨をケースに入れて販売しました。

宣伝ってどういうこと?と思われた方、鋭いです!

実を言いますと…
日本の造幣局では外国のコインも造幣しているんですよ。
例えば、アラブ首長国連邦やバングラデシュといった国の貨幣を過去に作りました。
平成19年以降では10カ国14種類の貨幣を作ったそうです。

だから、「日本の造幣技術はすごいですよ!」とアピールする狙いもあるんですね。

大正5年(1916年)にはロシア帝国時代の10コペイカ銀貨と15コペイカ銀貨を日本の造幣局が作っています。
銀の含有量は50%(Ag500)だったらしいです。
その当時は日本とは仲が良かったんですかね???

バングラデシュは世界有数の親日国です。
いやな事をしてくる近隣の国々とは程々にお付き合いをして、バングラデシュのような国とドンドン仲良くしていきたいですね。

ミントセットの話はまた後日お話しします。

 

 

碧南市の方で古銭や古札でお困りの方は、西尾市の開運 令和堂までお願いします。

2019/09/15

香蘭社 花瓶 花生 1104-NQ8 元箱[西尾市~工芸品]

「今日の一品!」



商品情報
香蘭社 花瓶 花生 1104-NQ8 元箱有
メーカー:香蘭社
品名:花生 花瓶
型番:1104-NQ8
高さ:約24センチ
胴回り:約75センチ
口径:約6センチ

「香蘭社」について…
江戸文化が栄えた江戸時代 元禄期の頃から肥前国(ひぜんのくに)有田にて陶磁器を作っていた初代深川栄左衛門が起源とされているようです。
8代目深川栄左衛門により「有田焼」の技術を生かして 日本で初めて陶磁製絶縁碍子(とうじせいぜつえんがいし)を製造し、戦前には日本の4大碍子(がいし)メーカーにまでなったらしいです。
現在も高級陶磁器だけでなく、佐賀県西松浦郡有田町に本社と工場をおく「セラミックス」メーカーで、「碍子(がいし)」などを生産している。
岐阜県の多治見市にも工場があるそうです。

個人的には、「碍子(がいし)」のメーカーというイメージはなかったです。「がいし」といえば愛知県では「日本ガイシ」が有名ですね。
「碍子(がいし)」ってあまり聞きなれないと思いますので、後日 「今日のなるほど!」で説明したいと思います。

お祝い等の贈答用高級陶磁器ですので、箱から出さずにそのまま保管されている方が非常に多いです。

因に…
2枚目の写真にもありますように、香蘭社の銘には商標である「蘭(ラン)」の花が書かれています。

 

 

西尾市の方で工芸品を片付けたいなら開運 令和堂がお力になれると思います。

2019/09/14

バカラ Baccarat ミルニュイ フルーティッシモ クリア 品番 2-104-848 共箱有[西尾市~ブランド食器]

「今日の一品!」


商品情報
バカラ Baccarat ミルニュイ フルーティッシモ クリア 品番2-104-848 共箱有
メーカー:バカラ(Baccarat)
シリーズ:ミルニュイ
形状:フルーティッシモ
色:クリア
飲み口直径:約5.7センチ
グラス高さ:約29.2センチ
グラス底直径:約7.5センチ

バカラの「シャンパングラス」には「シャンパンフルート」と呼ばれるものと「シャンパンクープ」の2種類があります。
上記の写真のものは「シャンパンフルート」系だと思います。
個人的には…
・なぜこの形状を「フルート」というのか?
・「フルート」と「フルーティッシモ」の違いはどこなのか?
よくわかっていません。
こちらの疑問が解決出来たら、「今日のなるほど!」で取り上げます。

「シャンパンクープ」というのは、一般に「シャンパンタワー」で使用される「シャンパングラス」です。
上からシャンパンを注いで、こぼれ落ちるシャンパンが次から次へと下のグラスに注がれるアレです。
天皇陛下の晩餐会(ばんさんかい)ではこちらを使用しているような気がします。
どのような違いがあるのかも、後日お伝えしたいです。

西尾市の方でブランド食器を売るなら「開運 令和堂」までお願いします。

2019/09/13

サファイア ペンダントトップ[西尾市~ジュエリー]

「今日の一品!」

商品情報
サファイア ペンダントトップ

購入された方は「スターサファイア」と言っておられました。
写真では「スター」がうまく出ていませんが、私も「スターサファイア」として認識させていただきました。
信頼できる業者さんにも確認してもらったところ「スターサファイア」でした。
ただ、「スター」がかなり弱いので、ちょっと残念です。

今日は、宝石を含んだアクセサリーを購入される方に注意していただきたい大事なポイントを話したいと思います。

貴重な宝石の付いたペンダントトップや指輪には「石目(いしめ)」・「キャラ目」と呼ばれる宝石のキャラット数を表示する刻印が金属部分にあります。
こちらの刻印が無いものは、購入を控えたほうがよろしいかと思います。
なぜなら…
基本的にそのアクセサリーを作った職人さんは正直に正確な表現で製品を作り上げますし、作ろうとします。
稀に制作過程からグルになっているところもありますので、絶対というわけではありません。
しかし、作っているところと販売しているところが異なっている場合は、販売店も変なクレームになっても困りますから よっぽど刻印の表記に間違いはないと思います。
製造・販売を一貫しているところはコスト削減のために安くしているといい、販売店はいろいろなことを言って購入を勧めますが、どーなのかな? 思うことがあります。
これは私の個人的な主観ですので、偏った意見ですが、最低限「石目」が入っているものを購入してください。

稀にアクセサリーのリフォームをされる方がいらっしゃいますが、その際にリフォーム業者に正確な刻印を入れてもらうようにお願いしたほうがいいと思います。

後…
上記写真のような商品の場合、「中石(なかいし)」と「脇石(わきいし)」で2つの刻印があります。
中石がしょぼい石で脇石に「メレダイヤ」を装飾しているものは、その「メレダイヤ」分の刻印しかありません。

必ず付いているわけではありませんが、宝石の種類を表す記号も「石目」の前に付くことがあります。
具体的には…
ダイヤモンド:「D」
エメラルド:「E」
ルビー:「R」
サファイア:「S」
がよく付いています。

他にも注意するポイントが何点かありますが、今日はここまでにします。

 

 

西尾市の方でダイヤモンド・エメラルド・ルビー・サファイアを売るなら開運 令和堂までお願いします。

2019/09/12

「ラウンドファスナー」の財布について考える。[西尾市~ブランドバッグ]

「今日のなるほど!」


先日、知り合いから『「カバン」・「財布」関係のテーマが少ないね。』と言われました。
あまり興味がありませんが、ムリムリ絞り出して書いていこうと思います。

今回のテーマは…
「ラウンドファスナー」について考えてみます。

上の写真が「ラウンドファスナー」の長財布(ながざいふ)で、下の写真が「かぶせ蓋(ぶた)」の長財布です。
「かぶせ蓋」は「見開き型」とも言われます。

「ラウンドファスナー」のメリット・デメリットですが…
☆☆☆メリット☆☆☆
・外周がファスナーになっているので安全で使用しやすいとされています。
・角が丸くなっているので、外観がおしゃれと感じる人が多いようです。
・大き目のタイプになるとスマホも入れられるので、セカンドバッグの代わりに持つ人もいます。
★★★デメリット★★★
・大容量のものは基本的にはないといわれています。大容量というのは100万円の札束が入れられるかどうかということです。お札を多く入れたい人には不向きということです。
・ファスナーを開け閉めするのが面倒と感じる人もいます。
・全体に厚みが増すのでスーツの内ポケット・ズボンのポケットには入れられないでしょうね。

「見開き型」のメリット・デメリットですが…
☆☆☆メリット☆☆☆
・ものによっては薄型のスリムなタイプになりますので、スーツの内ポケット・ズボンのポケットにいれてもよいとされています。
・意外と大容量にも対応できるので100万円の札束が入れられる様に設計されているものが多いとされています。
★★★デメリット★★★
・角が角ばっているのでデザイン的には見劣りするという人もいます。
・ファスナーが無いので安全性に不安を感じる人もいます。

一般的には「ラウンドファスナー」の方が人気があるといわれています。

個人的には、現在 自分が使用している財布は「見開き型」です。
しかし、いつもビジネスバッグに入れているので「ラウンドファスナー」でもいいと思いますし 変えたいと感じています。
確かにお札は多く入るかもしれませんが、それほど多く入れるわけではないですからね…
さらに、今後 スマホでの支払いが普及するとスマホが入れられる方が魅力的かもしれませんね。
私も最近PayPayを利用し始めました。
昔は現金派でしたが、使ってみると便利ですね~。

 

 

西尾市の方でブランド品を売るなら開運 令和堂までお願いします。

2019/09/12

オーストラリア 30 DOLLERS(30ドル) 銀貨 2000年 干支 龍 竜 辰 1㎏[西尾市~記念コイン]

「今日の一品!」

商品情報
オーストラリア 30 DOLLERS(30ドル) 銀貨 2000年 干支 龍 竜 辰 1㎏
表図案:龍
裏図案:エリザベス女王
発行:2000年
寸法:直径11センチ
品位:銀999
量目:1080g(カプセル込)
額面:オーストラリア30ドル
発行枚数:8291枚

発行枚数8291枚の内 486枚は5枚(30$,10$,2$,1$,50¢)のコイン一緒になったミントセットだそうです。
また、同じ形状のカラーコインには龍の目に0.02ctのカラーダイヤモンドが付いています。
そちらの発行枚数は3404枚ありますので、合わせればそれなりの数が出回っているようです。

そもそも…
オーストラリアでも干支(えと)を使用するのか?という疑問があります。
ちょっと、調べてみたところ…
一般的にはそこの国民のアジア系人種の比率によって変わってくるようです。
移民大国であるオーストラリアではアジア人が12%程います。
その中のほとんどが中国系(漢民族)であるとのことですので、彼らの文化は色濃く反映されているというのが現実ですね。

また、干支(えと)は中国を起源とした漢字文化圏で使用されており、漢民族の使用する干支と日本人が使用する干支はほぼ同じものらしいです。
ただ、世界にはいろいろな干支があるようで、ウサギがネコになっていたり、イノシシがブタになっているところもあるようです。
おもしろいですね。

 

 

西尾市の方で銀製品を売るなら開運 令和堂までお願いします。

2019/09/11

02-05_33:菊穴ナシ50円ニッケル貨 1958年[昭和33年] 特年[安城市~古銭]

「今日の一品!」

商品説明
02-05_33:菊穴ナシ50円ニッケル貨 1958年[昭和33年] 特年
表図案:菊花
裏図案:分銅
発行:昭和33年(1958年)
廃止:廃止されていませんので、現在も50円として使用できるそうです。
寸法:直径25ミリ
品位:ニッケル1000
量目:5.50グラム
発行枚数:1800万枚

こちらの「菊穴ナシ50円」はニッケル100%なので、磁石に反応します。
次の年から発行された「菊穴アリ50円」も同様にニッケル100%です。
日本の現行貨幣で磁石に反応するのはこの2種類だけだと思います。
磁石に反応するということはお賽銭箱(さいせんばこ)に紐をつけた磁石を入れて抜き取れたということですね。

また、ニッケル100%ですから、保存状態が悪いと緑錆(りょくしょう)がついているものがあります。
その部分を磨いても錆が付いていた部分は腐食跡が残ります。
実際に見てみると、これだけのニッケルが化学反応によって錆になったんだな…というのがよくわかります。

現行の硬貨で白っぽいものは大体「白銅貨」であり、「銅」と「ニッケル」の合金です。
合金にすることで「特殊鋼」や「薬莢(やっきょう)」などの戦略物資に該当する金属ですので、平事(平和な時)の際には硬貨として流通させ 有事(戦争などの特別な時)の際には、回収して別素材の硬貨や紙幣に代替え出来るようにしていたという話もあります。
まだまだ、話は尽きませんが 今日はここまでにします。

 

 

安城市の方で古銭や古札でお困りの方は、西尾市の開運 令和堂までお願いします。

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30